ホームページサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itariajin.blog23.fc2.com/tb.php/9-3d9edb1b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ホームページサイトトップ >未分類 >>テプコ光

テプコ光

ヾ(・ω・`)ノ ハロー♪
テプコ光について書きます。ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク
「テプコ光」で用いられている回線の最初の起源は、東京電力の専用線である。東京電力は、1978年(昭和53年)に光ファイバーケーブルを日本で初めて実用化した。その後は子会社の東京通信ネットワーク(後のパワードコム)等を通じて通信サービスを提供する一方で、自社本体では一般向けサービスを行なっていなかったが、ダークファイバ等の帯域を活用して一般向けのネットワーク事業を行なうことにした。このサービスの商品名が「テプコ光」(東京電力の英語名略称である「TEPCO」に光ファイバーサービスであることを示す「ひかり」を組み合わせたもの)である。

なんでやねん!( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅ

理論的には東電の管轄地区(関東地方・山梨県・静岡県の富士川以東)においてのみ提供が可能のサービスではあるが、2006年時点における提供エリアはその中でも東京都とその周辺地区(神奈川県北東部・埼玉県南部・千葉県北西部)がほとんどで、茨城県・群馬県・山梨県での提供はわずかにすぎず、栃木県・静岡県では全く提供されていない。東京都でも青梅市など一部の市部では提供されていない。また、周辺地区では中心部に限られる場合が多い。

ただし、先に述べたようにテプコ光は占有型の光ファイバーであり、NTTのBフレッツや他社光ファイバーサービスのように光ファイバーを他の世帯と共有しないため、理論上のクオリティは非常に高いとされている(実際の転送速度はテプコ光網⇔ISP間の帯域や、国内のバックボーンがボトルネックになるため、あまり代わり映えしない場合があるが、少なくとも収容装置までの間に分岐がないため、加入者回線自体の品質は安定していると考えられる)。つまり、収益力の高い地域に集中してサービスを行なうことで高い品質を提供していると言うことができる。なんでやねん!( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅ

2006年4月3日に東京電力は、KDDIのFTTHサービス『光プラス』と事業統合することを発表。「ひかりone」と言う新しいサービス名で2006年6月1日からサービスを開始。

2006年12月15日に、今まで東京電力が行っていたテプコ光事業を、2007年1月1日からKDDIに統合することが発表された。また、同日からサービス名称も「ひかりone」に統一されることとなった。

難しくて(o´Д`)=з 疲れた・・・

サービスプラン

テプコ光 ホームタイプ(現 ひかりone ホーム100)
テプコ光 SOHOタイプ(現 ひかりone SOHO)
テプコ光 マンションタイプ VDSLプラン(100Mbps 現 ひかりoneマンションタイプ V100)
テプコ光 マンションタイプ VDSLプラン(57Mbps 現 ひかりoneマンションタイプ V57)
テプコ光 マンションタイプ 5GHz無線プラン(現 ひかりoneマンションタイプ 無線)
テプコ光 マンションタイプ イーサプラン(現 ひかりoneマンションタイプ E100)
テプコ光 プレミアムタイプ(現 ひかりoneプレミアム)
ってウィキペディアにかいてありましたヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪

簡単に言うと通信速度が速いから対応してる地域の人は使ったほうがいいよ!って感じかな拍手♪パチ☆(p ̄Д ̄q)☆パチ☆( ̄pq ̄)☆パチ♪


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://itariajin.blog23.fc2.com/tb.php/9-3d9edb1b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

グーグル

アクセス解析

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。